海外文芸

161

『波〔新訳版〕』刊行記念イベント 森山恵✕小澤みゆき 7月17日オンライン開催

『波〔新訳版〕』の刊行を記念して、翻訳者の森山恵氏と編集者の小澤みゆき氏によるトークイベントを行います(主催:海老名市立中央図書館)。

7月17日(土)19時から、Zoomウェビナーによるオンライン開催で、無料でご参加いただけます。お申し込みは、こちらの海老名市立中央図書館のページをご覧ください。

【オンラインイベント】『波〔新訳版〕』刊行記念イベント 「ヴァージニア・ウルフとの新たな出会いと

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

江國香織氏、町屋良平氏、推薦。「この本が帰ってきてよかった!」『波〔新訳版〕』

2021年6月16日に、ヴァージニア・ウルフ『波〔新訳版〕』(森山恵訳)を早川書房から刊行します。

今日は、45年ぶりとなる新訳をいち早く読んだ2人の作家のコメントを紹介します。

江國香織(作家)
一日の移ろいに重ねられた六つの人生。
磨かれた言葉の奔流によって白日のもとに晒される、
一人ずつのありようと幾つもの時間。
ウルフの攻めの姿勢が堪能できる、この本が帰ってきてよかった!

町屋良平(

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

ヴァージニア・ウルフの傑作『波』、45年ぶりの新訳(森山恵訳)、6月刊行

2021年6月16日に、ヴァージニア・ウルフ『波〔新訳版〕』(原題The Waves)を早川書房から刊行します。
翻訳は、『源氏物語 A・ウェイリー版』(ドナルド・キーン特別賞受賞)の訳者の一人である森山恵氏です。

◉概要1931年の『波』刊行から90年。45年ぶり、待望の新訳!
20世紀初頭のモダニズム文学の極北として、高い人気と評価を誇る本作は、『ダロウェイ夫人』『灯台へ』の後に、ヴァージニ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。