ハヤカワ演劇文庫

19

保坂和志による『別役実Ⅱ』解説を全文公開。「安らっているはずの死者たちが、生きるよりタチが悪い混乱の中にいたらどういうことになるか?」

今月10月5日に発売した、ハヤカワ演劇文庫の新刊「別役実Ⅱ」。芸術選奨文部大臣賞と読売文学賞を受賞した別役実の代表作、「ジョバンニの父への旅」「諸国を遍歴する二人の騎士の物語」を収録しています。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」と、セルバンテスの「ドン・キホーテ」をモチーフにとったこの二篇は、別役実の円熟期の傑作です。

*   *   *

〈「別役実Ⅱ」内容紹介〉
銀河鉄道に乗った星祭りの夜から二十三

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
10