ハヤカワ・ミステリ

166

【特報】究極の大河警察小説シリーズ第6弾『機龍警察 白骨街道』8月18日発売!

《ミステリマガジン》連載最終回で大きな反響を呼んだ『機龍警察 白骨街道』が2021年8月18日に刊行が決定しました。
デビュー11 年にして、すでに本シリーズで吉川英治文学新人賞・日本SF 大賞に輝き、さらに他でも大藪春彦賞、日本推理作家協会賞、山田風太郎賞と制してきた月村了衛氏の、すべてを詰め込んだ、現時点の集大成、最高傑作にして、新たなる代表作の誕生です!

〈『機龍警察 白骨街道』内容紹介〉

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
26

10周年記念大河警察小説シリーズ〈機龍警察〉コミカライズ開始のお知らせ

今年でシリーズ開始&月村了衛氏の小説家デビュー10周年を迎える大河警察小説シリーズ〈機龍警察〉のコミカライズが始まりました。

手がけるのは、『七都市物語』フクダイクミ氏(構成)×『食糧人類』『電人N』イナベカズ氏(漫画)の至高タッグ! 12月7日発売の週刊ヤングマガジン第2/3合併号に第0話が、そして間を置かず12月18日発売の月刊ヤングマガジン第1号に第1話が掲載され、以降は月刊連載となります

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
32

10周年記念〈機龍警察〉オフィシャル・ガイド

2010年にスタートした大河警察小説シリーズ〈機龍警察〉。今年は、シリーズ開始&月村了衛氏の小説家デビュー10周年にあたります。10周年を記念して、ミステリマガジン(奇数月25日発売)では、最新長篇『機龍警察 白骨街道』を連載。そして12月3日には、吉川英治文学新人賞受賞のシリーズ第3作『機龍警察 暗黒市場』(上・下)をハヤカワ文庫から刊行しました。初めての方にもぜひ手に取って、この今世紀最大の警

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
71

ミステリマガジン2020年7月号紹介、およびお詫びと訂正について



ミステリマガジン2020年7月号
この1月30日に、惜しまれつつ亡くなった作家で仏文翻訳家の藤田宜永氏を偲び、本誌では、氏の思い出を語るエッセイや膨大な作品群を総括する作家論、隠れた名作短篇などを再掲載し、氏への最大級の感謝をこめて、追悼の意を表したい。

そして藤田氏といえば、70~80年代を中心とする冒険小説・スパイ小説の時代を支えた作家の一人だったが、その熱い時代が新しい作家たちによって

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
22

【『レッド・メタル作戦発動』刊行記念・連続エッセイ/冒険・スパイ小説の時代】燃える男の時代(月村了衛)

冒険アクション大作『レッド・メタル作戦発動』(マーク・グリーニー&H・リプリー・ローリングス四世、伏見威蕃訳)刊行を記念し、1970~80年代の冒険・スパイ小説ブームについて作家・書評家・翻訳家が語る連続エッセイ企画を行います。
第6回は作家・月村了衛さんです。

***

 機会のあるごとにこれまで何度も述べてきたことだが、「冒険小説」という呼称が通用しなくなってすでに久しい。定義さえ共有されて

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
27