ハヤカワ・ミステリ

213

英国ミステリ界の頂点 ゴールド・ダガー受賞作! 嘘を見破る少女と臨床心理士が挑む衝撃の事件『天使と嘘』

 昨年、二度目の英国推理作家協会最優秀長篇賞(ゴールド・ダガー)を受賞したマイケル・ロボサムの『天使と嘘』(越前敏弥訳)がついに登場です! イギリスのミステリ界で最も評価されたこの『天使と嘘』は、いったいどんな話なのか? ご紹介します。

◎各国で絶賛のミステリ!
 本書は2019年7月にオーストラリアで刊行されるとたちまち話題騒然となり、巨匠スティーヴン・キングやカリン・スローターが激賞のコメン

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

誰が殺したのか? オーストラリア発、中年捜査官の失われた青春×フーダニット小説『渇きと偽り』 冒頭部試し読みを公開!



  ハヤカワ・ミステリより4月6日発売となりました、オーストラリア発のミステリ『渇きと偽り』。干魃にあえぐ故郷の町で、旧友の死の真相を追う捜査官を描いた本作は、ジョン・ハートやマイクル・ロボサムら実力派作家の絶賛を受け、デビュー作にして〈ニューヨーク・タイムズ〉ベストセラーリスト入りするなど大きな話題となっています。その冒頭部分を抜粋して特別公開! 

〈あらすじ〉
 豪州連邦警察官アーロン・

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです