ハヤカワ・ミステリ

4
記事

全世界1億部を突破したミステリ・シリーズの完結編、『ミレニアム6──死すべき女』訳者あとがき

世界的な北欧ミステリブームの先駆けとなり、2度の映画化をはたした今世紀最高のミステリ・シリーズの完結編『ミレニアム6──死すべき女』(上・下)が発売となりました。本作の翻訳をつとめた、ヘレンハルメ美穂さんのあとがきを公開します。

※書影はAmazonにリンクしています(上・下)
【書誌情報】
■書名:ミレニアム6 死すべき女(上・下)
■著者:ダヴィド・ラーゲルクランツ
■訳者:ヘレンハルメ 美

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
20

これは遠い国の話、他人事だろうか――高福祉社会スウェーデンの知られざる現実とは。『地下道の少女』訳者あとがき(ヘレンハルメ美穂)

(画像はAmazonにリンクしています)

 凍てつく冬のストックホルム。街の喧騒の中にひっそりとたたずむ教会を、謎めいた少女が訪れる。髪は乱れ、顔は汚れの層に覆われていて、強烈なにおいを放っている。長椅子に腰を下ろしたままじっと動かず、話しかけても反応しない。
 時をさかのぼること約50時間。エーヴェルト・グレーンス警部の机の上には、進行中の捜査32件の資料が積んである。そこに飛びこんできた、3

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
30

【11月20日発売】ジョー・ネスボ『その雪と血を』書評家・川出正樹さんによる解説公開

クリスマス前夜のオスロを舞台にしたパルプ・ノワール、ジョー・ネスボ『その雪と血を』。文庫発売にさきがけて、ミステリ書評家の川出正樹さんによる解説を特別公開いたします。

パルプ・ノワールの新たな里程標であると同時に
心打つクリスマス・ストーリーでもある奇蹟の書

ミステリ書評家  川出正樹

「夢の女だ──そして夢のままにしておくべき女だ」
ジム・トンプスン『深夜のベルボーイ』

「愛とはなになの

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
4

【11月20日発売】翻訳ミステリー大賞受賞!ジョー・ネスボ『その雪と血を』作品紹介

2016年にハヤカワ・ミステリで刊行され、同年度翻訳ミステリー大賞・読者賞をW受賞した『その雪と血を』が待望の文庫化!

北欧ノワール小説の旗手、ジョー・ネスボが自らの故郷を舞台に据えて描き出したのは、想像力が作り上げる美しい世界と容赦ない殺し合いの交錯。208ページとコンパクトながら読みごたえは充分、一気に読んだあとに深く息をついてしまう作品です。文庫化にあたって加筆いただいた、川出正樹さんによ

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
14