ハヤカワ・ミステリ

177

【特別公開第三弾!】『機龍警察 火宅』円城塔氏文庫解説

8月18日の『機龍警察 白骨街道』の発売を記念して、今回は『機龍警察 火宅』の円城塔氏の文庫解説を特別公開します。現実社会を映し出す鏡としての〈機龍警察〉シリーズのすごさがよくわかる非常に素晴らしい解説です。『白骨街道』を読まれる前に、ぜひこちらの解説をご一読ください!

『機龍警察 火宅』解説円城塔氏(作家)

 ここには時間と空間の広がりがある。
 一般にはあまり知られていないが、きちんとした

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

【特別公開第二弾!】『機龍警察 自爆条項〔完全版〕』霜月蒼氏文庫解説

8月18日の『機龍警察 白骨街道』の発売を記念して、『機龍警察 自爆条項〔完全版〕』の霜月蒼氏の文庫解説を特別公開します。〈機龍警察〉シリーズの面白さと読みどころがよくわかる、とても素晴らしい解説です。シリーズを読んだことがある人も、これからの人も、必見です。

『機龍警察 自爆条項〔完全版〕』解説霜月蒼(ミステリ評論家)

 月村了衛の〈機龍警察〉シリーズは、2017年9月刊行予定の『狼眼殺手』

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

【特別公開!】『機龍警察〔完全版〕』千街晶之氏文庫解説

8月18日の『機龍警察 白骨街道』の発売を記念して、『機龍警察〔完全版〕』の千街晶之氏の文庫解説を特別公開します。これまでのシリーズ既刊についてもわかりやすくご紹介くださっている、本篇を読む前でも読んでからでも楽しめる、とても素晴らしい解説です。ちょっとでも本シリーズを気になられている方は、この機会にぜひチェックしてみてください!

『機龍警察〔完全版〕』解説
千街晶之(文芸評論家)

 2010

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

ザリガニはどこで鳴くか~北上次郎の早出し版「勝手に文庫解説2」~

「勝手に文庫解説」とは…
 書評家には、読んだ瞬間、解説を書きたいという衝動につき動かされるときがある。しかしながら、縁に恵まれなかったり、むしろ文庫化まで待ちきれないとき、書評家はどうするべきか。書けばいいのだ。本連載では、旧刊から新刊まで、私(北上次郎)の書きたい文庫解説を後出し先乗りでご披露するものである。

ミステリマガジン5月号(3/25発売)より先行掲載
「勝手に文庫解説2」
北上次郎

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

柴田よしきが放つ本格サスペンス決定版『青光(ブルーライト)』解説公開!

 そのプロフェッショナリズム溢れる手数の多さと繊細で力強い筆致から紡がれるリーダビリティの高い文章に定評がある、柴田よしき、渾身の本格サスペンスがハヤカワ文庫より刊行された。『青光(ブルーライト)』は、数々の伏線が回収され、何度もだまされる、ミステリの快楽に満ちた作品だ。本記事では、刊行を記念し、文庫解説を公開し、作品の魅力をお伝えしたい。

『青光(ブルーライト)』
柴田よしき
ハヤカワ文庫JA

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!