ハヤカワ・ミステリ

177

【終了→アーカイブ公開】日暮雅通オンライン講座「コナン・ドイル再考――ホームズ物語から見る“国民的作家”の軌跡」開催!

歴史小説、推理小説、SF小説など多数の著作で知られる19世紀末のイギリスを代表する作家アーサー・コナン・ドイル。
作家、医師、政治活動家、心霊主義研究など、様々な顔を持つドイルの人生を、ホームズ研究の第一人者・日暮雅通氏が〈シャーロック・ホームズ〉物語の変遷と共に紐解くオンライン講座を生配信します。
視聴は無料。どなたでもご視聴できますので、下記の要領をご確認の上、是非ご視聴ください。

配信ペー

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

知ると楽しい『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』ガイドその1

 21世紀の現代ロンドンを舞台に、本家コナン・ドイルの設定から登場人物全員の性別を逆転させた、驚天動地の最新型ホームズ・パスティーシュ『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』待望の続編『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』がいよいよ刊行されました。
 前作では、半電脳顧問探偵シャーリーと、その相棒となるアフガン帰りのだめんず好き女医ジョーとの衝撃的な出会いと、コンビを組んで最初の事件が描かれまし

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

『元年春之祭』クロス・レビュー第2弾! 「文章の美しさ、端正さ」――立原透耶



前回に引き続き、現在発売中の「ミステリマガジン」11月号に掲載されている『元年春之祭』クロス・レビューより、中国文学研究家・作家の立原透耶氏にご執筆いただいたレビューを特別掲載いたします。

文章の美しさ、端正さ

立原透耶(中国文学研究家・作家)

 待望の日本語訳、日本での出版である。これほど期待され、またこれほど望まれた中華ミステリ作家(それも大陸)はそういないのではないか。陸秋槎、一九

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

『元年春之祭』クロス・レビュー第1弾! 「二人の少女がぶつかり合い推理する優れた青春本格ミステリ」――千街晶之



現在発売中の「ミステリマガジン」11月号に掲載されている『元年春之祭』クロス・レビューより、文芸評論家・千街晶之氏にご執筆いただいたレビューを特別掲載いたします。

二人の少女がぶつかり合い推理する優れた青春本格ミステリ

千街晶之(文芸評論家)

 中国、台湾、香港といった中国語圏のミステリが「華文ミステリ」の名称のもとに注目を集めていることは、本誌の読者には今更説明するまでもないだろう。こ

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです