マガジンのカバー画像

ハヤカワ・ジュニア・ブックス

99
ハヤカワ・ジュニア・ブックス(HJB)は、小学生・中学生のためのミステリ、SF、ファンタジイ、ノンフィクションを刊行するレーベルです。
運営しているクリエイター

2021年10月の記事一覧

「めがねを好きになる絵本」「前向きになれる」『ローズ姫と黄金のめがね』読者の感想

「めがねを好きになる絵本」「前向きになれる」『ローズ姫と黄金のめがね』読者の感想

めがねがコンプレックスのプリンセスが主人公の絵本『ローズ姫と黄金のめがね』が10月5日に刊行しました。
本書は「めがねをしていたら本物のプリンセスにはなれない」と思いこむ主人公が、冒険の旅を通して「本当の美しさ」に気づく自己肯定の物語です。

ローズ姫と黄金のめがね
ロウリー・ムーア(文)/ナタリー・オーウェン(絵)/中井はるの(訳)

今回は、本書を読んだ読者のみなさんの感想をお届けします。

もっとみる
いままでにないプリンセスに感動『ローズ姫と黄金のめがね』読者の感想

いままでにないプリンセスに感動『ローズ姫と黄金のめがね』読者の感想

めがねがコンプレックスのプリンセスが主人公の絵本『ローズ姫と黄金のめがね』が10月5日に刊行しました。
本書は「めがねをしていたら本物のプリンセスにはなれない」と思いこむ主人公が、冒険の旅を通して「本当の美しさ」に気づく自己肯定の物語です。

ローズ姫と黄金のめがね
ロウリー・ムーア(文)/ナタリー・オーウェン(絵)/中井はるの(訳)

今回は、本書を読んだ読者のみなさんの感想をお届けします。

もっとみる
11歳の著者がおくる 自己肯定感をはぐくむ絵本『ローズ姫と黄金のめがね』(ハヤカワ・ジュニア・ブックス)

11歳の著者がおくる 自己肯定感をはぐくむ絵本『ローズ姫と黄金のめがね』(ハヤカワ・ジュニア・ブックス)

早川書房では10月5日に『ローズ姫と黄金のめがね』を発売します。
めがねがコンプレックスのお姫様が冒険の旅を通して「本当の美しさ」に気づく、自己受容とエンパワメントの物語です。

『ローズ姫と黄金のめがね』
文:ロウリー・ムーア/絵:ナタリー・オーウェン/訳:中井はるの
対象年齢:読み聞かせなら4歳から/ひとりで読むなら小学2年生から
A4判変形ハードカバー、44ページ、すべての漢字にルビつき

もっとみる
Twitterで話題 子どもが大興奮で読む児童書版アガサ・クリスティー10作品(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

Twitterで話題 子どもが大興奮で読む児童書版アガサ・クリスティー10作品(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

アガサ・クリスティー『ABC殺人事件』を読んだ小学5年生の感想がTwitterで話題になっています。

はじめて大人のミステリを読んだ興奮と、大人みたいに夜ふかし(てつや)しちゃった興奮があふれていて、とても素敵な感想ですよね。

この児童書版とは、ハヤカワ・ジュニア・ミステリの『名探偵ポアロ ABC殺人事件』のこと。田口俊樹さんによる完訳です。読みやすく、ハラハラできて、子どもも大人も楽しめます

もっとみる