Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

    マガジン

    • ハヤカワSF

      ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • 電子書籍

      早川書房から配信されている電子書籍の話題、セールの告知、その他諸々関連する情報を発信します。

    • ハヤカワ・ミステリ

      「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • ハヤカワ国内フィクション

      ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。

    • 転生令嬢と数奇な人生を

    記事一覧

    いまSFを読む本当の価値とは。「世界のリーダーはSFを読んでいる」フェア解説:大澤博隆

    いまSFを読む本当の価値とは大澤博隆 SFとビジネスに関する動きが昨今盛り上がっている。私は、SFプロトタイピングと呼ばれる、SFを作る過程を革新的なビジネスアイデアを…

    パオロ・ジョルダーノの最新長篇『天に焦がれて』著者インタビューを特別公開!

     11月17日に発売された『天に焦がれて』(パオロ・ジョルダーノ/飯田亮介訳)。刊行後、著者にインタビューを行い、AERA dot.でインタビューが公開されました。コロナ禍…

    【予約者限定】絵本〈ピーターラビット™〉全23巻を収納できる豪華特典BOX【申込受付中】

    早川書房は、2022年3月より、絵本〈ピーターラビット™〉シリーズ(全23巻)の刊行を開始します。 翻訳は、小説家・詩人の川上未映子さん。 現在、ご予約を受け付け中です…

    なぜ〈カルチャー〉が勝利するのか――イアン・M・バンクス論 著:ジョセフ・ヒース(『反逆の神話』著者)

    なぜ〈カルチャー〉が勝利するのか──イアン・M・バンクス論ジョセフ・ヒース/青野浩訳 もう何年も前になる。いろいろ物知りの友人から、1冊の本を手渡され「あなたは…

    『スノウ・クラッシュ』からバロック・サイクル三部作、最新作Termination Shockまで――ニール・スティーヴンスン作品ガイド(…

    『スノウ・クラッシュ』の原書が刊行されたのは1992年。ちょうど30年が経っている。この文庫での再刊も20年ぶりだが、これほど昔に出されたアイデアが今でも色褪せない、と…

    【登場人物紹介イラスト公開!】『転生令嬢と数奇な人生を2 落城と決意』(3/2発売)

    なろうPV数963万(もうすぐ10,000,000PVですね)突破! ちょっと(?)シビアな異世界転生ファンタジー『転生令嬢と数奇な人生を2 落城と決意』の3月2日の発売を前に、…

    いまSFを読む本当の価値とは。「世界のリーダーはSFを読んでいる」フェア解説:大澤博隆

    いまSFを読む本当の価値とは。「世界のリーダーはSFを読んでいる」フェア解説:大澤博隆

    いまSFを読む本当の価値とは大澤博隆

    SFとビジネスに関する動きが昨今盛り上がっている。私は、SFプロトタイピングと呼ばれる、SFを作る過程を革新的なビジネスアイデアを生むための思考に応用するやり方を研究している。ビジネスや実社会に影響を与えたSFとしては、多くの作品が挙げられる。今回復刊された『スノウ・クラッシュ』も、メタバースやアバターといった単語を生んだ小説であり、「予言書」のようにもては

    もっとみる
    パオロ・ジョルダーノの最新長篇『天に焦がれて』著者インタビューを特別公開!

    パオロ・ジョルダーノの最新長篇『天に焦がれて』著者インタビューを特別公開!

     11月17日に発売された『天に焦がれて』(パオロ・ジョルダーノ/飯田亮介訳)。刊行後、著者にインタビューを行い、AERA dot.でインタビューが公開されました。コロナ禍について今思うことや、イタリアの人々のコロナ禍に対する反応、『コロナの時代の僕ら』と『天に焦がれて』で共通する伝染病について思ったことなどを著者にインタビューしました。

     早川書房のnote記事では、長さの都合で掲載できなかっ

    もっとみる
    【予約者限定】絵本〈ピーターラビット™〉全23巻を収納できる豪華特典BOX【申込受付中】

    【予約者限定】絵本〈ピーターラビット™〉全23巻を収納できる豪華特典BOX【申込受付中】

    早川書房は、2022年3月より、絵本〈ピーターラビット™〉シリーズ(全23巻)の刊行を開始します。
    翻訳は、小説家・詩人の川上未映子さん。

    現在、ご予約を受け付け中です。全国の書店店頭でお問い合わせください。また、一部ネット書店でもご予約を受け付けています。

    全巻予約をお申込みいただいた方には、豪華2大特典をお渡しします!(申込締切は2022年5月16日まで2022年9月4日まで)
    ※ご好評に

    もっとみる
    なぜ〈カルチャー〉が勝利するのか――イアン・M・バンクス論 著:ジョセフ・ヒース(『反逆の神話』著者)

    なぜ〈カルチャー〉が勝利するのか――イアン・M・バンクス論 著:ジョセフ・ヒース(『反逆の神話』著者)

    なぜ〈カルチャー〉が勝利するのか──イアン・M・バンクス論ジョセフ・ヒース/青野浩訳

    もう何年も前になる。いろいろ物知りの友人から、1冊の本を手渡され「あなたはこれを読むべきね」と言われた。イアン・M・バンクス著『Use of Weapons(武器の使用)』と題された本だった。

    僕は表紙のキャッチコピーをチラ見して、「〈カルチャー〉(the Culture)って何なの?」と尋ねた。

    「そうね

    もっとみる
    『スノウ・クラッシュ』からバロック・サイクル三部作、最新作Termination Shockまで――ニール・スティーヴンスン作品ガイド(日暮雅通)

    『スノウ・クラッシュ』からバロック・サイクル三部作、最新作Termination Shockまで――ニール・スティーヴンスン作品ガイド(日暮雅通)

    『スノウ・クラッシュ』の原書が刊行されたのは1992年。ちょうど30年が経っている。この文庫での再刊も20年ぶりだが、これほど昔に出されたアイデアが今でも色褪せない、というより現在を先取りしていたことを考えると、ニール・スティーヴンスンが並々ならぬ作家であるとわかるだろう。

    何が「先取り」なのかというと、言わずと知れた本書のメインテーマ、「メタヴァース」である。この言葉(発想)が、ここへ来て大き

    もっとみる
    【登場人物紹介イラスト公開!】『転生令嬢と数奇な人生を2 落城と決意』(3/2発売)

    【登場人物紹介イラスト公開!】『転生令嬢と数奇な人生を2 落城と決意』(3/2発売)

    なろうPV数963万(もうすぐ10,000,000PVですね)突破! ちょっと(?)シビアな異世界転生ファンタジー『転生令嬢と数奇な人生を2 落城と決意』の3月2日の発売を前に、気になる登場人物紹介のイラストをご紹介いたします。
    1巻からの流用ではなく、すべてしろ46さんによる新規イラストです。
    それではどうぞ!

    1巻からのカレン、ライナルト、ヴェンデル、アヒム、ゲルダに加えて、2巻では新しくシ

    もっとみる