Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

    マガジン

    • ハヤカワSF

      ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • 電子書籍

      早川書房から配信されている電子書籍の話題、セールの告知、その他諸々関連する情報を発信します。

    • ハヤカワ・ミステリ

      「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • ハヤカワ国内フィクション

      ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。

    • 転生令嬢と数奇な人生を

    記事一覧

    ヨコジュンよ、永遠に。SFマガジン2019年6月号発売中

    SFマガジン2019年6月号が好評発売中です。SF作家横田順彌氏の追悼特集、栗本薫/中島梓没後10年記念特集、小川一水『天冥の標』完結記念特集の三本立てでお送りして…

    『津波の霊たち』『黒い迷宮』の著者リチャード・ロイド・パリー氏が「日本記者クラブ賞特別賞」を受賞

    リチャード・ロイド・パリー氏(《ザ・タイムズ》アジア編集長・東京支局長。写真下記)が、公益財団法人日本記者クラブ(原田亮介理事長)の選ぶ2019年度の「日本記者クラ…

    2019年度版 大型連休はこのSFを読もう! (その3 今年はもうこんなにSFが出てます編)

    大型連休にお勧めのSF作品のリストです。第三弾は、今年に入ってからどんな翻訳SFが出ているかをリストにしてみました。読み逃しはないですか? 去年の翻訳SF作品リストも…

    カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』と同時にアレックス賞を受賞した世界的ベストセラー『ガラスの城の約束』訳者あとがき

        (書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします) ハヤカワ文庫『ガラスの城の約束』(ジャネット・ウォールズ/古草秀子=訳)は、5月2日(木)発売で…

    全米350万部の実話『ガラスの城の約束』衝撃の冒頭シーン。NYの街角で見かけた母の姿――

       (書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします) ハヤカワ文庫『ガラスの城の約束』(ジャネット・ウォールズ/古草秀子 訳)は、5月2日(木)発売です…

    日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?――『三つ編み』レビュー(佐々涼子 ノンフィクション・ライター)

    (書影はAmazonにリンクしています) 早川書房より好評発売中の『三つ編み』(レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳)。理不尽な人生に立ち向かう3人の女性たちを描き…

    ヨコジュンよ、永遠に。SFマガジン2019年6月号発売中

    ヨコジュンよ、永遠に。SFマガジン2019年6月号発売中



    SFマガジン2019年6月号が好評発売中です。SF作家横田順彌氏の追悼特集、栗本薫/中島梓没後10年記念特集、小川一水『天冥の標』完結記念特集の三本立てでお送りしています。連休中にはSFマガジンをぜひどうぞ。

    ●追悼・横田順彌
    監修:北原尚彦
    2019年1月4日、横田順彌氏が逝去した。享年73。ユーモアにあふれた「ハチャハチャSF」作家として、また小誌での連載『近代日本奇想小説史』などに代表

    もっとみる
    『津波の霊たち』『黒い迷宮』の著者リチャード・ロイド・パリー氏が「日本記者クラブ賞特別賞」を受賞

    『津波の霊たち』『黒い迷宮』の著者リチャード・ロイド・パリー氏が「日本記者クラブ賞特別賞」を受賞

    リチャード・ロイド・パリー氏(《ザ・タイムズ》アジア編集長・東京支局長。写真下記)が、公益財団法人日本記者クラブ(原田亮介理事長)の選ぶ2019年度の「日本記者クラブ賞特別賞」を受賞しました。外国人の受賞は初めてで、金本麻理子氏(ディレクター/椿プロ代表取締役)との同時受賞です。

    日本記者クラブによる受賞理由は次の通りです。

    【日本記者クラブ賞特別賞】
    リチャード・ロイド・パリー(Richar

    もっとみる
    2019年度版 大型連休はこのSFを読もう! (その3 今年はもうこんなにSFが出てます編)

    2019年度版 大型連休はこのSFを読もう! (その3 今年はもうこんなにSFが出てます編)

    大型連休にお勧めのSF作品のリストです。第三弾は、今年に入ってからどんな翻訳SFが出ているかをリストにしてみました。読み逃しはないですか? 去年の翻訳SF作品リストもありますので、あわせてご活用ください。

    刊行月別のリストです。

    参考:[SHSFS] 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ
       [SF] ハヤカワ文庫SF
       [FT] ハヤカワ文庫FT
        無印 単行本

    〈銀河英雄ローダン〉

    もっとみる
    カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』と同時にアレックス賞を受賞した世界的ベストセラー『ガラスの城の約束』訳者あとがき

    カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』と同時にアレックス賞を受賞した世界的ベストセラー『ガラスの城の約束』訳者あとがき



        (書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします)
    ハヤカワ文庫『ガラスの城の約束』(ジャネット・ウォールズ/古草秀子=訳)は、5月2日(木)発売です。

    * * *

    『ガラスの城の約束』は、2005年、ヤングアダルト世代にとくに薦めたい大人向けの本に贈られる「全米図書館協会アレックス賞」をカズオ・イシグロ『わたしを離さないで』等とともに受賞した回想録文学の名作。本書の魅力

    もっとみる
    全米350万部の実話『ガラスの城の約束』衝撃の冒頭シーン。NYの街角で見かけた母の姿――

    全米350万部の実話『ガラスの城の約束』衝撃の冒頭シーン。NYの街角で見かけた母の姿――



       (書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします)

    ハヤカワ文庫『ガラスの城の約束』(ジャネット・ウォールズ/古草秀子 訳)は、5月2日(木)発売です。
                    *
    ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに10年以上ランク・インし続け、世界35カ国で翻訳された『ガラスの城の約束』。アカデミー賞受賞女優ブリー・ラーソン主演で映画化され、今、再び注目

    もっとみる
    日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?――『三つ編み』レビュー(佐々涼子 ノンフィクション・ライター)

    日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?――『三つ編み』レビュー(佐々涼子 ノンフィクション・ライター)



    (書影はAmazonにリンクしています)

    早川書房より好評発売中の『三つ編み』(レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳)。理不尽な人生に立ち向かう3人の女性たちを描き、フランスで100万部突破したベストセラーを、ノンフィクションライターの佐々涼子さんがレビューします。

    * * *

    日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?佐々涼子

    レビューを書く前に、ごくごく個人的な話をすると、私

    もっとみる