Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

20人を超える先住民連続殺人のおぞましき真相とは?――『花殺し月の殺人』(アメリカ探偵作家クラブ賞〔最優秀実話賞〕受賞作)冒頭試し読み

1920年代、禁酒法時代のアメリカ南部オクラホマ州。先住民オセージ族が「花殺しの月の頃」と呼ぶ5月のある夜に起きた2件の殺人。それは、オセージ族とその関係者20数人が、相次いで不審死を遂げる連続殺人事件の幕開けだった――。本年度のアメリカ探偵作家クラブ賞に輝いた傑作ノンフィクション『花殺し月の殺人――インディアン連続怪死事件とFBIの誕生』の冒頭を公開します。

クロニクル1 狙われた女

慈悲深

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7

ハーラン・エリスン氏死去

2018年6月28日、『世界の中心で愛を叫んだけもの』『危険なヴィジョン』などで知られるSF作家・脚本家のハーラン・エリスン氏が米ロサンゼルスの自宅で死去された。享年84歳。

ハーラン・エリスンは、1934年オハイオ州クリーブランド生まれ。1949年に初めての短篇小説“The Gloconda”と“The Sword of Parmagon”を〈クリーブランド・ニュース〉に発表。オハイオ州立大学

もっとみる

三秋縋、最新作『君の話』「02 蛍の光」公開

02 蛍の光

 もし僕のようなからっぽの人間に友達ができるとしたら、それはやはり僕と同じようにからっぽの人間なのだろうな、と少年時代の僕は漠然と想像していた。友達も恋人もいなくて、優れた資質も誇れる経歴もなくて、心温まる思い出なんて一つも持っていない、そんな絵に描いたような「持たざる者」と出会ったとき、僕に初めて友達と呼べるような相手ができるのではないかと。
 江森(えもり)さんは僕にとって最初

もっとみる

特集 ジョー・イデ『IQ』③探偵アイゼイア・クィンターベイ登場――冒頭試し読み掲載(1/3)

好評発売中のミステリ『IQ』より、冒頭部分の試し読み第一弾を掲載します!

プロローグ

 ボイドは学校の向かいにトラックを駐め、チャイムが鳴るのを待っていた。外の気温は三十五度近くで、運転席の空気は墓の中のように息苦しくよどんでいる。汗がボイドのフィッシング・キャップに黒い染みをつくり、だらだらと顔に垂れ、目に入り、日焼けした肌にしみた。いくらかでもましになるかとTシャツの襟を揺すったものの、腋

もっとみる

「フェイスブックとは何か? 定義してみてほしい」――FBの新人研修の中身とは? 元プロダクトマネジャーが実体験を明かすリアルIT戦記『サルたちの狂宴』下巻・試し読み

「インパクトを起こせ」「自分の限界を超えろ」「完璧を目指すよりまず終わらせろ」巨大ソーシャルメディア企業フェイスブックの新人研修では、かつてこんな刺激的な言葉が飛び交っていたようです。プロダクトマネジャーとしてFB社に中途入社した若手起業家アントニオが、自らの体験記『サルたちの狂宴――下 フェイスブック乱闘篇』で、その実態を明かします。

(画像はAmazonにリンクしています)

第二四章 ブー

もっとみる

第1回鰻屋大賞受賞? 7月刊行の倉田タカシ『うなぎばか』より、短篇「うなぎロボ、海をゆく」の試し読みを公開します!その③

その①はこちら

その②はこちら

日本人が大好きな魚といえば、そう、アレですね。黒くて、長くて、ぬめっとしていて、でも、焼いたり蒸したりして食べるととてもおいしいあの魚。最近ニュースで絶滅の危機に瀕している、とも報道されている、そう、「うなぎ」です。

早川書房がある東京・神田には老舗のうなぎ屋さんが多く店を構えていらっしゃいますが、なんと、この夏、ついに、

「早川書房、うなぎ、はじめました」

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
8