Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

    マガジン

    • ハヤカワSF

      ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • ハヤカワ国内フィクション

      ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。

    • ハヤカワ・ジュニア・ブックス

      ハヤカワ・ジュニア・ブックス(HJB)は、小学生・中学生のためのミステリ、SF、ファンタジイ、ノンフィクションを刊行するレーベルです。

    • 『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』

      2022年映画公開予定 シリーズ累計22万部突破

    • 海外文芸

      翻訳文芸書に関わるニュースや試し読み、特別公開原稿などをお届けします。

    記事一覧

    【著者紹介】原尞(はら・りょう)、その7つの伝説とは?

    原尞(はら・りょう) 1946年佐賀県鳥栖生まれ。 九州大学文学部美学美術史科を卒業。70年代はおもにフリージャズのピアニストとして活躍。30歳ころから意識的に翻訳ミ…

    原尞、14年ぶりの新刊『それまでの明日』、2018年3月1日発売決定!

    沢崎シリーズ、14年ぶりの最新作 デビュー30周年記念作品 原尞『それまでの明日』 2018年3月1日発売/本体1800円+税/四六判上製(書影をクリックするとAmazonページに…

    いよいよ28日から開催! キツすぎる練習で意識が飛んだこともあった――いよいよやってきた、師匠に優勝報告する日

    『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第7回目の更新です。今回で更新は最後になります。物語はここからが本番! 続きはぜひ書籍でお楽しみください。 グランプリ…

    開催まであと2日! 自転車同士の接触で飛ぶ火花、そして落車……コンマ数秒の出来事にレースは左右される。

    『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第6回目の更新です。いよいよ日本選手権開始。レース中もさまざまな駆け引きが行われ、時に接触することもあり…… グランプ…

    開催まであと3日! 「桁違いの実力」と「尋常ではないツキ」だけでは勝てない。それが日本一決定戦”グランプリ”

    『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第5回。練習がキツすぎて意識が飛ぶ!? 第一線で活躍を続ける選手はみな、過酷な練習を積んでいるようです。 グランプリ第…

    連続殺人犯から頼まれたのは、1件の冤罪の証明だった――【5刷決定】『死刑にいたる病』冒頭公開、第2回。

    『死刑にいたる病』冒頭公開、2回目の更新です。鬱屈した大学生活を送る雅也は、地域で人気のベーカリー店店主であり、幼いころの自分のよき理解者であった榛村に会いに行…

    【著者紹介】原尞(はら・りょう)、その7つの伝説とは?

    【著者紹介】原尞(はら・りょう)、その7つの伝説とは?



    原尞(はら・りょう)

    1946年佐賀県鳥栖生まれ。 九州大学文学部美学美術史科を卒業。70年代はおもにフリージャズのピアニストとして活躍。30歳ころから意識的に翻訳ミステリを乱読し、とくにレイモンド・チャンドラーに心酔した。1988年に私立探偵・沢崎が初登場するハードボイルド長篇『そして夜は甦る』で日本のミステリ界に颯爽とデビュー。日本の風土にハードボイルドを定着させた優秀作として高い評価を

    もっとみる
    原尞、14年ぶりの新刊『それまでの明日』、2018年3月1日発売決定!

    原尞、14年ぶりの新刊『それまでの明日』、2018年3月1日発売決定!



    沢崎シリーズ、14年ぶりの最新作 デビュー30周年記念作品
    原尞『それまでの明日』
    2018年3月1日発売/本体1800円+税/四六判上製(書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

    ミステリ界の生ける伝説ともいえる作家・原尞。1988年に私立探偵・沢崎が初登場するハードボイルド長篇『そして夜は甦る』で日本のミステリ界に颯爽とデビュー。89年の第2作『私が殺した少女』で第102回直木

    もっとみる
    いよいよ28日から開催! キツすぎる練習で意識が飛んだこともあった――いよいよやってきた、師匠に優勝報告する日

    いよいよ28日から開催! キツすぎる練習で意識が飛んだこともあった――いよいよやってきた、師匠に優勝報告する日

    『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第7回目の更新です。今回で更新は最後になります。物語はここからが本番! 続きはぜひ書籍でお楽しみください。

    グランプリ

    第一章 日本選手権競輪(承前)
     
          7 
     
     記者会見が終わった。
     共同インタビューがおこなわれたインタビュールームだ。集まった記者たちが、いっせいに引き揚げていく。
     だが、瀬戸はまだこの部屋に留まらないといけない。

    もっとみる
    開催まであと2日! 自転車同士の接触で飛ぶ火花、そして落車……コンマ数秒の出来事にレースは左右される。

    開催まであと2日! 自転車同士の接触で飛ぶ火花、そして落車……コンマ数秒の出来事にレースは左右される。

    『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第6回目の更新です。いよいよ日本選手権開始。レース中もさまざまな駆け引きが行われ、時に接触することもあり……

    グランプリ

    第一章 日本選手権競輪(承前)
     
          6
     
     名前を呼ばれ、決勝出場選手が敢闘門からバンクにでていく。
     日本選手権競輪開催六日目、第十一レース。
     場内にファンファーレが響き渡った。華やかな曲が芝居がかったアナウンスと

    もっとみる
    開催まであと3日! 「桁違いの実力」と「尋常ではないツキ」だけでは勝てない。それが日本一決定戦”グランプリ”

    開催まであと3日! 「桁違いの実力」と「尋常ではないツキ」だけでは勝てない。それが日本一決定戦”グランプリ”

    『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第5回。練習がキツすぎて意識が飛ぶ!? 第一線で活躍を続ける選手はみな、過酷な練習を積んでいるようです。

    グランプリ第一章 日本選手権競輪(承前)
          5
     
     選手宿舎に戻った。
     まずは風呂に入って、汗を流す。それから夕食だ。
     食堂に遠山岳彦(たけひこ)がいた。都合がいい。食べながら、あしたの話をした。スタートで、どの位置をとるか。他のライ

    もっとみる
    連続殺人犯から頼まれたのは、1件の冤罪の証明だった――【5刷決定】『死刑にいたる病』冒頭公開、第2回。

    連続殺人犯から頼まれたのは、1件の冤罪の証明だった――【5刷決定】『死刑にいたる病』冒頭公開、第2回。

    『死刑にいたる病』冒頭公開、2回目の更新です。鬱屈した大学生活を送る雅也は、地域で人気のベーカリー店店主であり、幼いころの自分のよき理解者であった榛村に会いに行くが……

    死刑にいたる病 第1章

    前回までの内容はこちら

    2
     
     予想していたより、かの施設は明るく清潔だった。
     まず門にある受付で「なんの用で来たのか」と訊かれる。「面会だ」と答えると、来訪者用のバッジを渡された。雅也はすこし迷

    もっとみる