Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

    マガジン

    • ハヤカワSF

      ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • ハヤカワ国内フィクション

      ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。

    • 海外文芸

      翻訳文芸書に関わるニュースや試し読み、特別公開原稿などをお届けします。

    • ハヤカワ・ミステリ

      「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • ハヤカワ文庫NV

      冒険小説やスパイスリラー、映画化原作など。ハヤカワ文庫NVの話題作品の解説や、試し読みを公開中。

    記事一覧

    【22万部突破】子どもが絶対にわらう絵本『えがないえほん』ってどんな本? 読み聞かせのコツは?

    【検証動画】読むだけで本当に子どもは笑うか? 『えがないえほん』を読み聞かせてみた。読み方のコツと効果もご紹介! こちらは、訳者の大友剛さんによる読み聞かせ動画…

    「これから述べるのは、ひとりの物語ではなく、小隊全体の物語である」――傑作戦記『レッド・プラトーン 14時間の死闘』「序章…

    序章の前篇はこちら。 訳者あとがきはこちら。 著者インタビュー動画などはこちら。 戦闘前哨(COP)キーティング全体図 ↓ Map ©2016 by David Cain 序 章 いま…

    「いまよりマシにはならないぜ」――大反響の戦記『レッド・プラトーン 14時間の死闘』「序章」を特別公開!【第1回】

    訳者あとがきはこちら。 著者インタビュー動画などはこちら。 反響鳴り止まない白熱の戦記『レッド・プラトーン 14時間の死闘』。いちど読み出したら止まらない本書の筆…

    SFといえばTシャツだろ? 『1984』『ソラリス』『ニューロマンサー』Tシャツの販売決定! 早川書房ブース@神保町ブックフェス…

    ※現在は以下のハヤカワ・オンラインで2018年1月4日まで期間限定予約を受付中です。 http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2017-12-04-165229.html 早川書房では、11月3…

    29歳のデビュー作がブッカー賞最終候補に! 胸をうつ少年たちの物語『ぼくらが漁師だったころ』、訳者あとがきを特別公開

    (書影をクリックするとAmazonページにジャンプ) 「アフリカはもはやアフリカ大陸だけに存在するのではない。アフリカ人たちが世界に散り散りになっていき、さまざまな…

    奇襲、猛攻、全滅の危機迫る――。圧巻の戦記ノンフィクション『レッド・プラトーン 14時間の死闘』の著者インタビューと戦闘前…

    「訳者あとがき」はこちら。 最新刊『レッド・プラトーン 14時間の死闘』(クリントン・ロメシャ著、伏見威蕃・訳)が早くも各所で好評です。刊行を記念し、著者クリント…

    【22万部突破】子どもが絶対にわらう絵本『えがないえほん』ってどんな本? 読み聞かせのコツは?

    【22万部突破】子どもが絶対にわらう絵本『えがないえほん』ってどんな本? 読み聞かせのコツは?

    【検証動画】読むだけで本当に子どもは笑うか? 『えがないえほん』を読み聞かせてみた。読み方のコツと効果もご紹介!

    こちらは、訳者の大友剛さんによる読み聞かせ動画です。

    子どもが絶対にわらう本!?『えがないえほん』読み聞かせ(YouTube)

    この動画は、訳者・大友剛さんが5~6歳の子どもたちに読み聞かせもの。本書は、発売にさきがけて、全国18箇所、2000人以上の子どもたちに読み聞かせながら

    もっとみる
    「これから述べるのは、ひとりの物語ではなく、小隊全体の物語である」――傑作戦記『レッド・プラトーン 14時間の死闘』「序章」後篇を公開!【第2回】

    「これから述べるのは、ひとりの物語ではなく、小隊全体の物語である」――傑作戦記『レッド・プラトーン 14時間の死闘』「序章」後篇を公開!【第2回】

    序章の前篇はこちら。
    訳者あとがきはこちら。
    著者インタビュー動画などはこちら。

    戦闘前哨(COP)キーティング全体図 ↓

    Map ©2016 by David Cain

    序 章 いまよりマシにはならない【後半】

     コプスが警備哨のガン・トラックに陣取ったころ、ステファン・メイス四等特技下士官〔三等軍曹の下、上等兵の上で、伍長とおなじ階級〕は、前哨の反対側にあたる約一〇〇メートル西に配置さ

    もっとみる
    「いまよりマシにはならないぜ」――大反響の戦記『レッド・プラトーン 14時間の死闘』「序章」を特別公開!【第1回】

    「いまよりマシにはならないぜ」――大反響の戦記『レッド・プラトーン 14時間の死闘』「序章」を特別公開!【第1回】

    訳者あとがきはこちら。
    著者インタビュー動画などはこちら。

    反響鳴り止まない白熱の戦記『レッド・プラトーン 14時間の死闘』。いちど読み出したら止まらない本書の筆致に触れていただくため、「序章」を2回に分けて特別公開します(第1回)。

    戦闘前哨(COP)キーティング全体図 ↓

    Map ©2016 by David Cain

    序 章 いまよりマシにはならない

    アフガニスタン ヌーリスタン州

    もっとみる
    SFといえばTシャツだろ? 『1984』『ソラリス』『ニューロマンサー』Tシャツの販売決定! 早川書房ブース@神保町ブックフェスティバル(11月3~5日)にて。

    SFといえばTシャツだろ? 『1984』『ソラリス』『ニューロマンサー』Tシャツの販売決定! 早川書房ブース@神保町ブックフェスティバル(11月3~5日)にて。

    ※現在は以下のハヤカワ・オンラインで2018年1月4日まで期間限定予約を受付中です。

    http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2017-12-04-165229.html

    早川書房では、11月3~5日に東京・神保町の「すずらん通り」で開催される神保町ブックフェスティバルにて、以下3種のSF・Tシャツを特別販売します。サイズは、L、M、S、レディースMの4種類を

    もっとみる
    29歳のデビュー作がブッカー賞最終候補に! 胸をうつ少年たちの物語『ぼくらが漁師だったころ』、訳者あとがきを特別公開

    29歳のデビュー作がブッカー賞最終候補に! 胸をうつ少年たちの物語『ぼくらが漁師だったころ』、訳者あとがきを特別公開



    (書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

    「アフリカはもはやアフリカ大陸だけに存在するのではない。アフリカ人たちが世界に散り散りになっていき、さまざまなアフリカを生み出し、さまざまな冒険に乗り出している。おそらくこのことこそ、黒い大陸がもつ文化的価値を判断する一助となるはずだ」──コンゴ共和国出身の作家アラン・マバンクはそう述べる。
    「アフリカのベケット」と呼ばれるマバンク自身も

    もっとみる
    奇襲、猛攻、全滅の危機迫る――。圧巻の戦記ノンフィクション『レッド・プラトーン 14時間の死闘』の著者インタビューと戦闘前哨の地図をご紹介。

    奇襲、猛攻、全滅の危機迫る――。圧巻の戦記ノンフィクション『レッド・プラトーン 14時間の死闘』の著者インタビューと戦闘前哨の地図をご紹介。

    「訳者あとがき」はこちら。

    最新刊『レッド・プラトーン 14時間の死闘』(クリントン・ロメシャ著、伏見威蕃・訳)が早くも各所で好評です。刊行を記念し、著者クリントン・ロメシャが戦闘の模様を語るインタビュー動画や、戦いの舞台となった戦闘前哨キーティングの地図をご紹介します。

    (書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

    2009年10月3日の早朝、アフガン北辺の米軍の戦闘前哨(COP)

    もっとみる